製造工場について - お客様に高品質で安全な健康食品をお届けするために、日本サプリメントフーズの商品は国内工場での一貫製造を行っております。

  • はじめてのお客様
  • 製造について
  • 会社概要
お電話でのお問い合わせ受付時間 月〜金[8:00〜24:00]/土・日・祝[10:00〜18:00]0120-50-4747
商品計:0点 合計:0円(税込)
  • お買い物カゴ
  • マイページ
5人が閲覧しています

製造工場について。日本サプリメントフーズの商品は、徹底した品質管理のもと製造されています。

安心・安全の国内工場

お客様に高品質で安全な健康食品をお届けするために、
日本サプリメントフーズの健康食品は国内工場での一貫製造を行っております。
すべての工程での安全性を定めたGMPの認定、HACCP、有機JAS認証を取得した
安全性・信頼性の高い国内工場より、厳しい規格に基づいて製品化されています。

※認定工場での製造食品:
クラチャイダムゴールド、マカエンペラー、ブラックジンジャープラセンタ、黒美妃、レディーズローズ、
レディーズジャスミン、HMBマッスルプレス

GMP認定工場

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、適正製造規範と訳されています。
原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。

GMPでは工場の構造や設備がどのように作られ、運用されているか、
工場の保守・点検・管理、製品の品質管理、衛生管理、製造管理など細部にわたって規則や規格、作業手順書を設け、全ての工程にわたってそれらをチェックし、その記録を残すことが求められます。

さらに、実際に製品は規格どおりに製造されるシステムになっているかを客観的に評価するために、工場の査察や、書類チェックなどを行い評価します。この過程を「GMP監査」と呼びます。その監査結果に従って審査し、審査基準に合格した企業に認定証を発行しています。

そして、継続して消費者に製品の安心と安全を保証するため、認証した製造施設を毎年監査し、3年後には改めて再度、新しく監査認証を行います。監査はより公正かつ客観性を保つために、専門性を有する第三者の外部機関の、医薬品GMPのエキスパートにより厳正に行われます。

当店のサプリメントは、これらの厳正な審査にクリアした信頼できる工場で製造されているのです。

HACCPの導入

HACCPとは、Hazard Analysis and Critical Control Pointの略で、日本語ではハサップと呼ばれています。
食品を製造する際に、工程上の危害を起こす要因を分析しそれを除去できる工程を常時管理して記録していき、安全を確保する衛生管理手法です。

例えば、ハンバーグを焼く際に、挽き肉の中にある感染症や食中毒の原因となる細菌などが、 ハンバーグの中心の温度が何℃に、どれくらいの時間経過すれば安全なレベルになるかを科学的に分析して、分析の結果決定した管理方法を実施して、その結果を記録するという方法です。

この管理方法を導入することにより、かつて行われていた抜き取り検査のみの管理ではできなかった全品の安全性が、高いレベルで効率よく確保されます。

当店のサプリメントは、このHACCPが導入された工場で製造された安全性の高い商品です。

有機JAS認定

有機JASマークは、太陽と雲と植物をイメージしたマークです。
農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。

2000年のJAS法改正により、国際基準に準拠した有機食品の検査認証制度がスタートしました。
有機JASマークの貼付は、農林水産大臣に登録した認定機関による認定が必要です。

当店のサプリメントは、安心安全な食品を提供できる有機JAS認定の工場で製造されています。

おすすめ商品ピックアップ

スペシャルコンテンツ

  • LINE@で限定情報をGET!!
  • 購入者限定!!プレゼントキャンペーン
  • 資料を自宅に無料お届け!!JSF商品紹介パンフレット